化粧水は、いらない。

「どうすれば、本当に肌のうるおいを保てるのかな...」
もし、そう思っているときは化粧水をやめてみませんか?



化粧水をたっぷりつける習慣は乾燥肌をつくってしまう一因

然のように使っている化粧水は本当に必要なものでしょうか?

使わないと、肌が乾いてシワシワになってしまうのでしょうか?

「きれいな素肌でいたい。きれいな素肌になりたい」、そう思って化粧水をパシャパシャしていると、うるおいを保つ力が弱まり、きれいな素肌から遠ざかっていくかもしれません。

ちょっと、お風呂に浸かっている状況を思い出してみてください。

お湯がどんどん体の中に浸透してきたことはありますか?

ありませんよね。でも、なぜ、お湯は体の中に浸透しないのでしょう?

それは、もちろん「肌がお湯をはじいて浸透を防いでいる」からです。

つまり、「肌には水分をはじく役割」があります。その「水分をはじく役割」を担当しているのが、肌の一番外側の「角質層」と呼ばれているところです。そして、水分を浸透させようとして、化粧水をたっぷりつけているところも、この「角質層」です。

化粧水はいらない理由の図解

水分をはじく役割をしているところに、水分をたっぷり浸透させようとする...、よく考えてみると矛盾していますが、この矛盾する行為が角質層のコンディションを低下させ「乾燥肌」にしている恐れがあります。

だから、本当に肌によいスキンケアに化粧水はいらないはずです。


「肌の奥へ浸透させようとする意識と行為」が不調を招く

質層はラップほどの厚さしかない薄い層です。

ですが、見た目の若々しさ・美しさに影響するハリ・ツヤ・キメを左右しています。同時に肌の内部を守り、シミ・シワなどの肌の悩みを予防する優秀な「器官」です。

もし、角質層の構造が崩れてしまったら、肌はよい状態を保つことができません。

若々しさ美しさを失い、乾燥などの不快な感覚が生じたり、肌が敏感になったり、カサカサ、毛穴の目立ち、乾燥による小じわ、くすみ、ニキビなど、様々な悩みができるきっかけにもなります。

このことを踏まえれば、スキンケアの本当の目的は、「角質層の構造が崩れないようコンディションをよい状態に保つこと」のはずです。そうすれば、角質層に水分を保つこともできます。

それなのに、なぜもっと大切にしないのでしょう?

角質層を邪魔もの扱いして「肌の奥へ奥へ」とたくさん浸透させることばかり気にしていたり、「角質層は大切です」と強調しながら、実際は全く大切に考えていない「スキンケアのやり方」や「内容成分の製品」があふれているように感じます。

私は、その象徴が化粧水だと思います。

そして、「使うのがあたり前」となってしまっている状況です。

だからでしょうか...


女性の80%が敏感肌の自覚があると回答

016年に行われたあるメーカーの調査によると、女性の80%が敏感肌の自覚があると回答し、自分の肌が敏感ではないと思う人は約20%にとどまっています。

別のメーカーの調査では、半数以上の女性が肌荒れなどの不調で悩んでいるという結果も。

あなたは、いかがですか?

なぜ、これほど多くの女性が敏感肌だと自覚したり肌の不調で悩んでいるのか...理由はいろいろと浮かびますが、肌につけるものに絞ると、メイク製品やスキンケア製品などの化粧品が原因になっている可能性が浮上します。

一生かかっても試しきれないほどの化粧品があり、どれもその優秀さをアピールしていますが、にもかかわらず、多くの女性の肌が不調になり思うように改善しないのです。

もし、本当に角質層を大切に考えているメイク製品やスキンケア製品が「あたり前」になっていれば状況は全く違うのではと、私は思います。

これから詳しくお話しする「化粧水がいらない理由」を通し角質層の大切さが伝わり、心地よくうるおう、きれいな素肌を育てるために役立つように願っています。

長くなりますが、ぜひ、最後まで読んでください。


化粧水がいらない理由の説明会・本当に肌によいスキンケア



なぜ、化粧水がいらないのか。
どうすれば、きれいな素肌を育てられるのか。


分をたくさん与えても肌はよくなりません。

肌の中には体の中から水分が供給される仕組みになっているので、肌の外から水分を浸透させようとする必要はありません。化粧水を無理に浸透させようとすればするほど、角質層のコンディションを悪化させる恐れが高くなります。

化粧水で水分を与えようとしている場所は角質層ですが、そもそも角質層に含まれている水分はそれほど多くないのです。


1.角質層に含まれている水分は何cc?

が水分をはじく様子が健康で若々しい肌かどうかの物差しにもなっています。

健康で若々しい肌ほど水分をはじく力がありますが、そのはじく役割をしているのが角質層です。(油性の成分は例外で浸透しやすい)

とはいえ、もちろん角質層自体にも、ある程度の水分が含まれています。

汗の水分と体の中から届けられる水分が含まれていると考えられています。その水分によって柔軟さなどを得ているので、まったく水分がなかったらパリパリになって裂けてしまいますが、「顔の部分の角質層」には、どれぐらいの量の水分が含まれていると思いますか?

角質層には20%〜30%ほどの水分が含まれている状態が理想とされています。そして、厚さはラップと同じぐらい(顔の部分は0.02mm程)なので、それをもとに計算すると...

顔の部分の角質層は体積が1ccほどです。

含まれている水分はその20%〜30%ほどだとすると、0.2〜0.3ccほどが含まれていることになりますね。

肌に乾燥による不快感が生じるのは、角質層に含まれている水分が減った影響ですが、仮に水分が半分近くも減ったとしても、その量は0.1〜0.15ccほどです。もし、水分を補う必要があるとしても、水滴一滴ぐらいでしょうか。ほんのわずかの量でよいことになります。

化粧水に頼らなくても、乳液、美容液、クリームなどで十分に補える量なのです。


2.化粧水のつけ過ぎは逆効果

かし、化粧水をパシャパシャとつけるとかなりの量になります。

例えば、500円玉大を重ねづけすると、1cc以上になってしまうと思います。

水分を補うとしても、0.1ccほどで十分であることを踏まえれば、1ccの水分というのは10倍以上の量で、角質層にとっては「はじき返さなくてはならない大量の水分」です。

たとえば、顔の面積と同じぐらいの大きさで角質層と同じラップぐらいの厚さしかない薄い紙が水分を吸い込んでびっしょり濡れたらどうなるでしょうか?

ぐしゃぐしゃになって、もろくなって、場合によっては破けてしまいます。破けないにしても、過剰な水分が蒸発した後の紙はとても乾燥しバリバリした状態になりますよね。

化粧水をたっぷりつけていると、角質層もその紙と同じ状態になる恐れがあります。

そうならないように必死で抵抗しているのです。

大量の水分が一気に全て浸透してきたら肌が壊れてしまうので、角質層は過剰な水分を浸透させないようにはじきます。はじかれた水分は浸透できずに蒸発していきますが、それでもどんどん水分を与えようと押し込み続ければ、とうとう角質層の構造が崩れだします。

もろくなった紙と同じように保水力が低下し乾燥しやすい状態になってしまいます。

貯水しているようなイメージで化粧水をパシャパシャつけていると思いますが、実際は全く違うのです。

角質層に必要な水分量を踏まえれば、過剰に水分を与えてしまう化粧水はいらないし使わないほうがよいはずです。どうしても化粧水をつけたいとしても、角質層の表面が軽く湿る程度の量をつけるだけで十分です。

それでも、化粧水をたっぷりつけるのがよいと思っている方は多いと思います。

なぜでしょうか。そんな疑問が浮かんできますね。

理由は大きく2つあると思います。


3.化粧水をたっぷりつけてしまう理由1

粧水に含まれている保湿成分が少量だからというのが一つ目です。

化粧水をつけるのは洗顔の後ですが、洗顔すると、角質層の一番表面(外気と接触する層)を保護・保湿していた皮脂・皮脂膜が汚れとともに落ち、角質層の表面がむき出しになります。そのため、「乾燥を感じやすい状態」と「水分をはじく力が弱まった状態」がしばらく続きます。

皮脂が分泌され、皮脂膜がある程度復元してくると乾燥感はやわらいできますが、ある程度復元するまでに1時間ほど、完全に元に戻るまでは4時間がかかると考えられています。だから、洗顔の後は、皮脂(油分)や皮脂膜と同じような成分(油分・水分・保湿成分が混ざり合ったもの)をつけて乾燥から肌表面を守るのが自然なお手入れなのです。

しかし、化粧水の内容成分は、皮脂・皮脂膜とはぜんぜん違います。

化粧水はたっぷりとつけられるようにすることが前提になっているので、水分を大量にし、油分はゼロ、保湿成分は少量にして作ってあります。

当然、たっぷりつけないと保湿成分が十分に供給されず肌がしっとりしません。つまり、しっとり感の正体は化粧水の水分ではなく「肌に残る保湿成分」なのです。

化粧水をたっぷりつけたくなるのはそのためですが、たっぷりつけることで肌にしっとり感が生まれれば、「化粧水で水分をたっぷり与えることは大事」と、勘違いしても仕方がありません。


4.化粧水をたっぷりつけてしまう理由2

う一つは、化粧水による「メイク効果」ではないでしょうか。

角質層は水分を吸い込むと膨らみます。一時的に瑞々しさが増して、肌に透明感やハリを感じきれいに見えるようになります。

一時的にしても、この見た目のよい変化は嬉しく感じると思います。

だから、たっぷりとつけたくなってしまうのではないでしょうか。

その気持ちはわかります。でも残念ながら、そう見えるのは水分を吸い込んで膨らんでいる間だけで、本当に肌がきれいになったのでも肌質がよくなったのでもないのです。

時間が経過し水分が蒸発を始めると角質層はしぼみんでいきます。肌に乾燥を感じはじめ、見た目も化粧水をつける前の肌の感じに戻っていきませんか?

「水分が逃げないように、最後にフタをする基礎化粧品をつけるとよい」と説明されると思いますが、「メイク効果」を持続させるために「フタ」をしても、本当の意味で肌がよい状態になるわけではありません。

スキンケアでやるべきことは、適量の水分を保持できるように角質層のコンディションを整えてハリ・ツヤ・キメが宿るようにすることです。ハリ・ツヤ・キメが宿るようになって初めて肌がよくなったと言えるのではないでしょうか。


5.角質層を保護・修復するのがスキンケア

質層のコンディションをよい状態にするためにやるべきなのは、角質層の構造が崩れないように「保護・修復すること」です。

そうすることでハリ・ツヤ・キメが宿るようになります。きれいな素肌が育ってきます。

しかし、「たくさん水分を与えてフタをするお手入れ」を続けても角質層の「保護・修復」にはなりません。ハリ・ツヤ・キメが良くなったように見せかけることしかできません。それではメイクと同じではないでしょうか。

角質層は「角質細胞」と「細胞間脂質(セラミド・脂肪酸・コレステロールなど)」でできています。よくレンガの壁に例えられますが、角質細胞がレンガで細胞間脂質は角質細胞同士を繋ぐモルタルです。水分は、この角質細胞と細胞間脂質に含まれています。

角質細胞は水分を吸い込み、吸い込んだ水分はNMFと呼ばれる保湿成分が吸着して保ちます。細胞間脂質では、ラメラ構造というサンドウィッチような仕組みで水分を挟み込んで保っています。

この仕組みや構造が壊れないように「保護・修復」するのがスキンケアです。

しかし、化粧水をたっぷりとつける行為は「保護・修復」とは逆方向です。

角質細胞は水分を吸い込むと膨らむので、押し込まれた過剰な水分でどんどん膨らんでいきます。しかし、保つことができない過剰な水分は次第に蒸発してしまうので、今度は角質細胞がしぼんでいきますが、水分が蒸発する時にもともとの水分も蒸発してしまい膨らむ前よりもしぼんでしまうことがあります。

その繰り返しで角質細胞が傷ついたり疲弊するとNMFが流れだし、吸い込んだ水分を保つことができなくなる恐れがあります。

また、大量の水分を与えることで美容成分の浸透をよくする「ブースト効果」などという説明を見かけますが、裏を返せば、「角質細胞」と「細胞間脂質」で築いている「バリア」を壊し、すき間を生じさせるということです。それは角質層の構造の崩れを意味します。

そして、このような「角質層の構造の崩れ始め」が、乾燥肌・敏感肌になってしまう始まりです。


6.乾燥・敏感肌の始まり=角質層の未熟化が起こる

由をわかりやすくするために角質層を上層部と下層部の2つにわけて説明します。

化粧水をたっぷりとつけるような間違ったスキンケアや角質層に負担をかける内容成分の製品を使い続けると、角質層の上層部の構造が崩れだします。

肌は、その状態を放置しておくわけにはいかないので構造が崩れだした角質層を垢として捨て去り、早く新しい角質層に入れ替えようとします。そのために肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が普段よりも急速に行われます。(速くなるというより工程をスキップして応急手当する感じに近いと思います。)

この時、「角質層の未熟化」が起こります...



表皮の肌細胞は、表皮と真皮の境目になる基底層で生まれます。

生まれた細胞は、次に生まれた新しい細胞によって肌表面に向かって押し上げられます。そして、その細胞が角質層のゾーンに移行するタイミングで角質細胞となります。

ターンオーバーがいつものように丁寧に行われているときは、肌表面に向かって押し上げられてきた細胞が角質層のゾーンに移行するタイミングで「細胞の核」が消えて「正常な角質細胞」となります。(核が消えるというのは簡単に言えば細胞が死ぬということです)

「正常な角質細胞」となったときは、細胞膜は厚くなり、細胞内はケラチン繊維という物質などで満たされ強度が増します。また、「角質細胞になるときに細胞の外に放出された物質」と「細胞の外に用意されていた物質」を使って細胞間脂質が作られ、角質細胞間のすき間を十分に埋めます。

このように角質層を構築する「正常な角質細胞と細胞間脂質」が連続してできれば、堅牢な「成熟した角質層」がつくられ、ハリ、ツヤのよいキメの細かい肌になります。

一方、ターンオーバーが急速になると、「細胞の核」が消えないままの角質細胞が増えます。

細胞の核が消えないまま角質細胞になると、正常時よりも小さくて弱い「未熟な角質細胞」になってしまいます。細胞間脂質を作る物質も十分に放出されないので細胞間脂質も減ります。その結果、角質細胞同士のすき間が広がった状態になってしまいます。

この「未熟な角質細胞と細胞間脂質」が連続して積み上げられていくと、保水力もバリア力も弱い「未熟な角質層」になっていきます。

つまり角質層の上層部の構造が崩れると角質層の下層部から未熟化が始まり、やがて角質層全体が未熟化します。その状態が肌の乾燥を招き、そして肌を敏感にし、ハリ、ツヤのないキメの乱れた肌にしてしまうのです。

見方を変えると、角質層の上層部がダメージを受け続けても、それでも致命的なトラブルにならないのは、肌が角質細胞を未熟化させて「応急手当」を続けているからです。未熟化に助けられているから化粧水をたっぷりつけられると言ってもよいと思います。

化粧水をたっぷりつけて、いくつもの基礎化粧品を塗り重ね続けても、時間と費用をかけて「未熟な角質層の維持」に付き合わされ続けるだけになってしまいます。

乾燥肌・敏感肌を根本から改善し、肌が一番良かった頃に近づけていくためには、未熟化をストップし「成熟した角質層」を取り戻さなくてはなりません。


7.脱・化粧水で、角質層を保護・修復するスキンケアへ

のためには、まず角質層が成熟できる環境をつくることが欠かせません。

具体的には、角質層の上層部にダメージを与えてしまう間違ったスキンケアや不適切な内容成分の製品の使用をやめることが必要です。そのうえで、角質層の保護・修復を徹底するスキンケアを続ければ「成熟した角質層=すこやかな角質層」が育ってきます。

敏感になった肌・乾燥しやすくなった肌をカバーするために、基礎化粧品をいくつも塗り重ねなくてはならない状態から脱出できます。

そして、ハリ・ツヤ・キメのある、心地よくうるおう美肌が戻ってきます。


直にお話しすると、私が化粧水がいらないことに気づいたのは、このヘミューを始めて2年ほどが経った2007年でした。

それまでは化粧水をたっぷりつけることに疑問を感じていなかったのです。それどころか化粧水を開発し、そして化粧水をたっぷりつけるようにアドバイスしていたのです。

「間違っていた、いらない」と、気づいたときはヘミューを続けるか悩みました。

セールスのための化粧品ではなく、皮膚科学的根拠にもとづいたよい製品を作りたいという想いでヘミューを始めたからです。

悩んだ末、化粧水の販売を中止。

ゼロから開発をやり直し、試行錯誤を繰り返しながら「角質層を保護・修復するスキンケア製品」の提供を続けてきました。化粧水をたっぷりと使っていた時よりも肌の乾燥がやわらぐことに気づいてくれた方に、今もヘミューを続けていただいています。

当時は「化粧水はいらない」という説明に驚きと戸惑いを感じる方がほとんどでしたが、今は「化粧水は必要ないみたいだけど、本当にやめても大丈夫なのかな...」と、迷っている方のほうが多いかもしれません。

もし、あなたも「今までのスキンケアは時間と費用がかかるばかりだったし、やっぱり化粧水はいらないのかなぁ...」と、迷っているときは、ぜひ、ヘミューを試してみてください。

|+| 化粧水のいらない、角質層を保護・修復するスキンケアはここをクリック




-参考文献-
『皮膚科学』大塚藤男,上野賢一 金芳堂(2011)
『美容と皮膚の新常識』戸田浄 中央書院(2006)
『岩波 生物学辞典』第5版
『老化と寿命』三石巌 太平出版(2002)
『皮膚は考える』傳田光洋 岩波書店(2005)


※このページにはスキンケアについてのヘミューの考え方を記載しています。弊社に無断でこのページの内容の全てまたは一部の転載を禁止します。