肌を大事にしたい方に
毎日使える日焼け止め


敏感な肌でも毎日心地よく使える、
合成界面活性剤不使用の日焼け止めはありますか?

はい、あります!

「日焼け止めは必要か不要か」。

その論争を続けるよりも、「毎日安心して使える日焼け止めを作って提供するほうがよい」と、考えてつくったのが「ナチュパラソル」です。

無防備に強い紫外線を浴びるのは避けたほうがよいのは研究からも明らかですし、誰もが経験で知っています。紫外線が弱い地域で暮らす方のほうが、色白で肌がきれいな方が多いことも知られています。

だから、肌を大事にしたい女性には、一年を通して使っていただきたいと思っています。(もちろん、一日中、お部屋の中で過ごすようなときは、つけなくてもよいと思います)

つけていることを忘れるほど心地が軽く、白浮きしないのが特徴なので、お子様の肌を強い紫外線から守るときにも使いやすいですし、男性も使いやすいと思います。

ファンデーションを付ける場合でもナチュパラソルと組み合わせることで紫外線をカットする効果が高まりますので、日差しの強い季節は使用する価値があります。





存知のように紫外線の影響でできてしまう悩みはシミだけではありません。

乾燥の原因にもなり、できなくてもよいシワができる原因にもなります。肌の表面(角質層)、肌の内部の大事な部分(新陳代謝に関わる基底膜など)が紫外線の影響で損傷してしまうためです。

そして、現在のところ、できてしまったシワやシミを完全に消し去ることができる美容液などはありません。もし、消えたとしたら、肌の新陳代謝(生まれ変わり)で消えるシワやシミだったということです。

だから大事なのは、肌の新陳代謝に関わる機能が正常に働き続けられるよう守ることです。

そのために紫外線の影響から肌の内部を守ることは理にかなっていますし、日焼け止めを利用するというのは自然な考え方であるはずなのに、それでも、日焼け止めを使うことに論争があるのは、使用されている成分の影響で肌が荒れてしまう心配があるからです。

そのため、「日焼け止め」は、使うシーンを慎重に選んだほうがよいという意見があります。けれども、心の中で紫外線が気になっていると、実際に時と場合を選んで使うのは難しいと思います。

そこで、「肌が荒れるデメリットをなくそう」と考え、ナチュパラソルをつくりました。

ナチュパラソルは、「朝、スキンケアの最後に自然につけられる、毎日、安心して使える日焼け止め」です。

肌を荒らし、乾燥させる心配のある合成界面活性剤を使わず、天然の乳化剤(界面活性剤)=レシチンを使うことにこだわるなど、「肌が荒れたり、つけ心地を悪くする懸念がある成分」を徹底排除してつくりました。

第3の紫外線と呼ばれる「ブルーライト」の波長域までもカバーし、しっかりと塗っても白浮きせずキシキシ感もありません。光の散乱効果で毛穴も目立ちにくくなります。日常生活の中で自然に使え、十分に重ね塗りすることで、海、山、炎天下でも、紫外線から肌を守れます。(SPF28,PA+++)

また、ナチュパラソルにはあえて高い保湿力を持たせていません。

保湿が必要なときは、そのために作った製品を利用するのが肌にとっては理想的だと思いますので、ナチュパラソルの使用感は、紫外線の悪影響を防ぐために必要な量をしっかりとつけられるように調整しています。


ナチュパラソルの全成分と主な成分について

ナチュパラソルは、ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)& 合成界面活性剤不使用です。

合成ポリマー、合成防腐剤、合成香料、合成着色料、BG、アルコールなどの成分も使用せずにつくりました。(成分名にアルコールの名称が付くものがありますが、化学的な構造からアルコールという名前がついているだけでエタノール等のアルコールではありません)

全成分




主な成分1.酸化セリウム(紫外線散乱) + 白金(製品の酸化防止)

紫外線散乱剤は酸化セリウム(セリウムはレアアースの一種)を白金でコーティングしたものを採用しました。紫外線吸収剤は不使用です。

酸化チタン、酸化亜鉛などの代表的な紫外線散乱剤ではなく、酸化セリウムを選択したのは「活性酸素を発生させない性質」に着目したからです。

ただし酸化セリウムには、酸化セリウム自体が酸化物質なので直接肌に触れると刺激になる可能性がある..という弱点があります。そのため、酸化チタン、酸化亜鉛が紫外線散乱剤の主流になり、酸化セリウムはあまり使用されてきませんでした。

そんな流れの中、コーティング技術が進化し、酸化セリウムを白金(プラチナ)でコーティングすることに成功した原料が誕生。酸化セリウムが刺激になってしまう恐れを解消しました。白金はよく知られているように、持続的な抗酸化作用があり美容液などにも配合される成分です。(金属アレルギーの心配もありません)

「活性酸素を発生させない」「肌を刺激しない」「白浮きしない」「紫外線からブルーライトまで、幅広い波長に対応」など、紫外線散乱剤として理想的な性質を持つ原料の誕生により、ナチュパラソルを完成させることができました。


主な成分2.レシチン(乳化)

「日焼け止めクリーム」にしたのは、安全性と肌の保護効果を高めるためです。

「紫外線散乱剤と肌の間にクッションとしてクリームの膜をつくることで、より安全性を高めたい」と考えたこと、「高い保護効果と、自然なつけ心地を両立するには皮脂膜(皮脂と汗が混じりあったクリーム状のもの)に近いものが向いている」と考えたこと、などが理由です。

そして、クリームをつくるために天然の乳化剤(界面活性剤)=レシチンを使用しています。

クリームをつくるには界面活性剤が必要ですが、合成界面活性剤は細胞間脂質のラメラ構造を乱し肌を乾燥させる恐れが否めないため、レシチンでつくることにこだわりました。


主な成分3.植物由来の油性成分

・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(エモリエント)
・スクワラン(使用感調整)
・ベヘニルアルコール(エモリエント)
・バチルアルコール(乳化安定補助)
・ステアリン酸(エモリエント)
・ウンデシレン酸ヘプチル(使用感調整)

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルは、エモリエント性のある油性成分で酸化しにくいのが特徴です。(よく間違えられているようですが、合成界面活性剤ではありません)

使用感の調整に使用しているスクワランは、お米由来のスクワランを使用しています。

ベヘニルアルコールやバチルアルコールは、アルコールという名前がついていますが、エタノールのようなスッとする揮発性のあるものとは違い、水分の蒸発を防ぐエモリエント性のある原料です。

ステアリン酸は、皮脂にも含まれる飽和脂肪酸です。シアバターなどの常温でも固形状の油脂に多く含まれています。

ウンデシレン酸ヘプチルはトウゴマ油(ヒマシ油)由来の原料です。ウンデシレン酸は汗にも含まれる成分で抗菌作用があります。

以上の植物由来の油性成分の特徴を組み合わせて、日焼け止めとしての安全性と保護効果を高め、そして自然て快適なつけ心地をつくりだしています。


主な成分4.乳酸桿菌/ダイコン根発酵液(保存・抗菌)

敏感なお肌の方が気になる防腐剤も化学合成のものを避け、「乳酸桿菌/ダイコン根発酵液」を使用しました。

「乳酸桿菌/ダイコン根発酵液」は、乳酸菌とダイコンを発酵させて製造した抗菌力のある植物エキスです。


主な成分については以上ですが、もし、気になることがあるとすれば、わずかな匂いかもしれません。この匂いは原料自体の匂いです。香料を配合し匂いをマスキングすることも可能ですが香りにも好き嫌いがありますので、あえて香料を配合していません。

繰り返しますが、紫外線吸収剤、合成界面活性剤、合成防腐剤、合成ポリマー、合成香料、合成着色料、BG、アルコール(エタノール等)など、肌を荒らす懸念がある成分、お肌が敏感な方が気になる成分は徹底して避けてあります。


サンプルで使用感をお確かめください

「肌が敏感ですが刺激を感じることなく安心して使えます。」「自転車で買い物にでるとき日焼けして困っていたのですが、ナチュパラソルが守ってくれるので助かっています!」「日焼け止めのヌルっと使用感が苦手なのですが、ナチュパラソルはつけ心地もよく石けんで落としたあともさっぱりしていて気持ちよいです。肌がきれいになってきました!」など、嬉しい感想が届いています。

「本当かな?」と、気になったときは、ぜひ、あなた自身のお肌でお確かめください。

3回分のサンプルをご用意しています。

|+| ナチュパラソルをサンプルで試す
|+| ヘミュー3ステップスキンケア




※弊社に無断でこのページの内容の全てまたは一部の転載を禁止します。