カート
  • ホーム
  • シミができるプロセスと対策
シミができるプロセスと対策


白を謳う製品は、メラニン(メラニン色素)の産生を抑えるアプローチのものが多いと思います。

メラニンを「シミや色素沈着の原因」と考え、過剰にできないようにするのが狙いですが、そのような製品を使ってもシミへの効果が実感できないのは、表皮中に長く居座っている「成熟メラノソーム」には対応できないからかもしれません。

大きく整理すると、シミは次のようなプロセスでできると考えられています。




1.紫外線、炎症、活性酸素などの様々な刺激により、メラノサイト活性因子が放出される

メラノサイトは「メラニンと呼ばれる色素を作る細胞」です。表皮の一番下の基底層という場所に存在しています。このメラノサイトには、メラノソームという器官があり、その中でメラニンという色素が生成されます。そして、メラノサイト活性因子により、メラニンの産生が活発になります。


2.メラニンの産生が活発になり、黒くなった成熟メラノソームが増える

メラノソームは、その中のメラニンの量により、ステージ1〜4までの4つの段階に分けられています。成熟メラノソームは、もっとも黒い、ステージ4のメラノソームを指します。


3.成熟メラノソームが、メラノサイトから表皮細胞へ大量に取り込まれる

紫外線などの刺激を受けると、成熟メラノソームの表皮細胞への取り込みが促進されます。


4.成熟メラノソームを取り込みと表皮細胞のターンオーバーが遅くなる

表皮細胞に成熟メラノソームが取り込まれると、表皮細胞が黒くなります。そして、ターンオーバーが遅くなってしまいます。


5.黒くなった表皮細胞が表皮内に居座り、シミ・色素沈着となる

成熟メラノソームを取り込み黒くなった表皮細胞はターンオーバーが遅くなり排出されにくくなります。結果、表皮内に居座り続けるため、シミ・色素沈着が起きます。


以上がシミができるプロセスです。

ですので、単にメラニンの産生を抑える美白製品だけでは、シミを予防したり、できたシミを薄くすることは難しいのです。

それにメラニンの産生は、肌を守るための仕組みの一つです。

このような点を踏まえると、シミの予防・改善に効果的なアプローチは、次の3つが考えられます。


1.メラノサイト活性因子の放出を防ぐ

2.表皮細胞への成熟メラノソームへの過剰な取り込みを防ぐ

3.ターンオーバーを正常な状態へ導く


して、この3つのアプローチのためにスキンケアでやるべきことは、「紫外線からの保護、刺激からの保護」の2つだと思います。

守ることで、メラノサイト活性因子の放出を抑制すること、成熟メラノソームの取り込みを抑制することができます。また、ターンオーバーを正常な状態に導くためには、角質層の保護・修復のサポートが大事です。

つまり、HEMUEの3ステップは3つのアプローチに対応しています。

ただ、改善には時間がかかりますし、改善の過程では、シミの周りから肌色が明るくなっていくこともあるので、シミ自体は濃くなったように感じることもあるかもしれません。ですが、それは改善の兆しだと考えてください。

最後に参考までですが、「成熟メラノソームを取り込み居座り続ける表皮細胞」の排出を促すために有効だと考えられている成分としては、リノール酸があげられます。このリノール酸の効果を得られるように工夫した美容原料の開発も進んでいるようです。私も実際の効果や安全性を探っているところです。もし、よい感触があればHEMUEの製品に配合する可能性もあります。

ちなみに、リノール酸はゴマに多く含まれているので、私は天然ビタミンC(天然ビタミンCを豊富に含んだ果実のパウダー)と一緒に適量を摂取しています。


ヘミュー 佐藤


※このページへ記載されている内容は、後日、加筆・訂正される場合があります。
※このページの内容は参考情報として掲載しています。ご自身の責任にてご利用ください。
※弊社に無断でこのページの内容の全てまたは一部の転載を禁止します。