素肌美人シークレット「第1話」

超素肌美人は果たして1日何回"うんち"をするのか?


のタイトルは決してふざけているわけでありません。

とても真剣です。

素肌の運命を左右する大事なことだからです。


超素肌美人と肌トラブルで悩んでいる人との一番大きな違いは果たしてなにか?


今回は、素肌が超きれいな人と肌トラブルで悩んでいる人との大きな違いについて、たいへん重要なお話の一つをします。

そのキーワードが"うんちの回数"なのです。

思いだしてほしいのですが、きれいな素肌を作っているのは、化粧品ではなく"体"です。

体が健康でなければ、きれいな素肌は生まれてきません。

でも、肌のことで悩んでいると、悩みの部分に何かを塗ることに意識がかたよって、"体の健康"のことを忘れてしまいがちです。

そのまま"体の健康"のことを忘れたままでいると、ますます"なりたくなかった肌"になってしまいます。


れいな素肌にとって体の健康はとても大事ですが、体の健康には"うんちの回数"が大きく影響しています。

そのため「"うんちの回数"が素肌美人度を決める」と、言っても過言ではありません。

でも、多くの方は"うんちの理想の回数"を勘違いしています。

勘違いしたまま、肌トラブルで悩んでいます。

今回は超素肌美人になるには、一日何回"うんち"をするとよいのかをお話しします。

"うんちの回数"を目標に、腸を整えていくだけでも、肌の悩みをかなり解決できるのではないかと思います。


"うんちの回数"が理想的になれば、超素肌美人にどんどん近づいていける。

スキンケアとの相乗効果も高まる。

でも、もし"うんちの回数"が理想よりも少なかったら、"なりたくなかった肌"に近づいていく。

ですが、多くの方は"うんちの理想の回数"を勘違いしています。

勘違いしたまま、肌トラブルで悩んでいるんです。

私も以前は勘違いしていましたが、今は理想的なうんちの回数になって、肌の調子も体の調子もとてもよいです。


うでしょう、超素肌美人は、果たして1日何回"うんち"をするのか?

実は一日の理想のうんち回数は「食事の回数と同じ」です。

これは赤ちゃんも大人も同じです。

赤ちゃんをみればわかるように、母乳を飲んだらゲップして便を排泄します。

これは腸の働きがそうなっているからです。

食事をすると胃で消化が始まり、胃の蠕動運動が起こりますが、このとき大腸には「いま食べ物が胃に入って、消化が始まったぞ」と信号が送られます。

すると大腸の蠕動運動が起こり、老廃物がどんどん肛門の方へ運ばれます。

そのため、食後にお茶などを飲んでゆったりしていると30分前後で便通が起こるのが正常ですし、赤ちゃんが1日に何回も便をするのはあたり前なのです。

ところが、母乳から粉ミルク(おそらく食品添加物=化学物質が関係)に変えたり、離乳食が始まって加工食品や添加物摂取が増えたり、また赤ちゃん自身にストレス(コミュニケーション不足)がかかると、腸の蠕動運動が止まってしまい「便通」が弱くなります。

昔は赤ちゃんの便通が悪いことなど考えられなかったそうですが、現代では便通の悪い赤ちゃんが増えてきているそうです。

そして便通が悪くなってしまうことが、体調不良やアレルギーなどの原因の一つだと考えられるのです。





それでは、うんちの回数を理想的にするにはどうすればよいのか。

次回以降、その話をしていきますが、うんちの回数を理想的にするのはもっときれいな素肌への出発点なんです。

うんちの回数が理想的になるように腸を健康に整えたら、また次にやることがあります。

それをやったら、また次のことをやる。

順番にコツコツと積み重ねているうちに、素肌がきれいになってきたなと感じられるようになってきます。


ヘミュー 佐藤

|+| 素肌美人シークレット第2話


※このページへ記載されている内容は、後日、加筆・訂正される場合があります。
※このページの内容は参考情報として掲載しています。ご自身の責任にてご利用ください。
※弊社に無断でこのページの内容の全てまたは一部の転載を禁止します。