カート
ナチュミルクの旧バージョン
ナチュミルク(旧)
4,785円(税込)
200 ポイント還元
お問い合わせください
ナチュミルク(旧)
種別:保湿クリーム 容量30g
発売元:MarimbaBongo Co.Ltd.
日本製


2022.03.22:「3月24日より新しいナチュミルクを販売」

3月24日よりフラーレンを配合した新しいナチュミルクを販売しています。

ご覧いただいている、このナチュミルクのページは、フラーレンを追加配合する前のナチュミルク=旧タイプのナチュミルクのページです。新しいナチュミルクと区別するため、「ナチュミルク(旧)」と表示しています。お間違いのないようご確認ください。

※ナチュミルク(旧)は1回の購入につき2本までとさせていただいています(なくなり次第販売終了)


2022.03.15:お知らせ

「ナチュミルクを使い切ってから蓋を外したところ、蓋の内側の溝などに黒いものが付着していました。肌に何かあったわけではないですが、気になりました…」

最近、このような内容のお問合せが何件かありました。調べた結果、黒いものは変色したクリームでした。充填の際、本体からクリームが溢れて蓋の裏側や溝に付着することがありますが、溢れて付着したクリームは空気に触れてしまうため、キャップの溝の滑りをよくする成分と反応して変色してしまうことがあるそうです。

本体の中身には全く問題がないことを確認しています。お肌に影響はありませんのでご安心ください。次回の製造分からは、充填の際にクリームが溢れないように配慮します。


使い始めは空プッシュが必要
※使い始めはボトル内の空気が抜けるまで空プッシュしてください。

空気が抜け、ボトルの中のエアバックが収縮するとクリームが出るようになりますが、それまでに必要な空プッシュの回数には個体差があります。通常は50回以内でクリームがでるようになりますが、稀に200回以上かかることがあります。ご不便をおかけしますがエアレスボトルを使用することで常温保存できるようになっていますので、ご容赦ください。

クリームがでるようになれば問題なくお使いいただけますが、気温の影響でクリームが硬くなると出にくくなることがあります。もし、クリームが出にくい時、出ない時は、以下のことを試してみてください。品質が劣化する恐れがありますので使い終わるまでポンプを外さないでください。

1.容器を立てた状態で暖かいお部屋にしばらく置いておく
2.容器の底をテーブルなどで軽くトントンする
3.その後、プッシュを続けてみる

合成防腐剤や合成界面活性剤を使わずにナチュミルクを常温で保管できるようにするためにエアレスボトルを利用する必要があります。ご不便をおかけしてしまうかもしれませんが、ご容赦ください。



特徴

ナチュミルクは、「角質層の保護・修復に関わっている皮脂膜」や「うるおいキープの鍵を握る細胞間脂質」の役割をサポートし、サポートすることで、肌にハリ・ツヤ・うるおいが宿るように導くための保湿クリームです。

角質層の表面は、「肌がつくるクリーム」と言われる皮脂膜で守られていますが、皮脂膜は、洗顔で汚れとともに洗い落とされ、その後、ゆっくりと再生します。

何も付けずに再生を待てれば理想的ですが、女性の方は皮脂膜が完全に再生されるまで4時間近くかかる場合もあるとされています。その間、角質層は乾きやすく刺激にも弱くなります。また、環境や体調などの影響で角質層の状態が優れないこともあります。

これらのことを踏まえると、角質層にダメージを与えないように皮脂膜をサポートするのが自然ですし、適切なサポートができると「角質細胞の成熟化」が持続しうるおいが宿るように導けます。

そのために、ナチュミルクは皮脂膜の構成内容を分析してつくってあります。

「若々しく美しい素肌の皮脂構成成分の分析」から生まれた植物由来の脂質を、角質層の修復にも役立つ「レシチン」で乳化。合成界面活性剤、合成防腐剤、アルコール( エタノール等)など、角質層に負担をかける恐れのある成分は使用していません。

※エアレスボトルを使用することで常温で保管できるようにしています。


内容成分



※成分名にアルコールの名称がつくものありますがエタノール等の揮発性のアルコール類とは異なります。保護・保湿のための成分です。

|主な成分|

・植物性肌脂質複合体((ホホバ油/ マカデミア種子油) エステルズ・スクワレン等:エモリエント):若々しく美しい素肌の皮脂成分構成を分析し再現した植物由来の脂質を使用。皮脂を補い角質層の保護・修復を物理的にサポートします。(EU REACh準拠)

・レシチン(乳化):クリームを作るために欠かせず、そして品質に大きく影響する乳化剤(水分と油分を混ぜる成分)には、天然の乳化剤であるレシチン(大豆由来)を使用。レシチンは細胞膜を構成している成分です。合成の乳化剤(合成界面活性剤)は、「細胞間脂質のラメラ構造を乱す」=「乾燥しやすい肌状態」にする恐れがあるため、角質層の保護効果も期待できるレシチンのみで乳化することにこだわりました。(エコサート認証)

・ラウロイルグルタミン酸ジ( フィトステリル/ オクチルドデシル)(保湿):セラミドと同じようにラメラ構造で保湿するアミノ酸と脂肪酸の混合成分です。

・カルボキシメチル-β- グルカンMg(保湿):敏感肌・乾燥肌を保湿して肌のキメを整える、酵母由来の成分です。

・プラセンタ様アミノ酸カクテル(保湿・整肌):美容成分として知られるプラセンタのアミノ酸組成に近づけた、タウリンをはじめとする十数種類のアミノ酸カクテル。NMF(天然保湿因子)などをサポートし、肌のキメを整える保湿成分です。

・フウチョウソウ葉エキス(整肌):アフリカ産のフウチョウソウ葉に含まれるポリフェノールにより皮脂の質を整え、角栓や角栓の黒ずみ(毛穴の黒ずみ)を防ぐ成分です。

・マンダリンオレンジ果実エキス/ビターオレンジ果実エキス/オレンジ果皮エキス(抗菌):抗菌効果を持つポリフェノールを含む天然由来の成分です。植物由来ならではの肌への刺激を懸念される25種の成分を測定、全て検出限界以下であることを確認しています。光毒性の心配はありません。(エコサート認証)

※天然由来の成分を使用しているため、製造ロットごとに、クリームの色・香りが異なることがあります。品質には問題ありませんのでご安心ください。


使い方

洗顔の後、肌が湿っているうちにつけてください。(肌表面が乾くとクリームを伸ばしにくくなります)

ー蠅里劼蕕謀量をとります。(清潔な手で扱い、なるべくポンプの口を指で触れないようにしてください)△發κ卻の手の中指などで、適量ずつクリームをとり、頬、額、小鼻などに置きます。C羯悗簗指の腹を使ってお顔全体にやさしく塗り広げ肌に馴染ませてください。(クリームをすり込まないでください。塗り広げたあと、手のひらや指の腹で押さえてしばらく温めるようにすると、より肌に馴染みやすくなります)

気になる部分には薄く伸ばすように重ね付けしてください。(肌を強く擦らないようにしてください)

目安使用量: 2〜3プッシュ(適量には個人差がありますのでお肌の調子をみて加減してください)

※ナチュミルクを十分に塗布しても乾燥が気になるときは、他の製品の併用が必要かもしれませんのでご相談ください。

皮脂の分泌量が多く、ニキビ・吹き出物ができやすい状態の場合は、プルクリウムHuをメインに使用しナチュミルクの使用量を少なめにしてください。

|+| HEMUE製品の使い方(頑張らないスキンケア)


使用上・保管上の注意など

品質が劣化する恐れがありますので使い終わるまでポンプを外さないでください。

使用上の注意:お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。お肌に合わないとき、即ち次のような場合などは使用をやめ皮膚科専門医へのご相談をお勧めします。使用中や直射日光があたって、赤み、はれ、かゆみ、刺激、吹き出物、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。

保管上の注意:乳幼児の手の届かない場所に保管してください。使用開始前は冷蔵庫で保管するか直射日光と高温になる場所を避けてなるべく冷暗所(0℃以下は避ける)で保管してください。ご購入日から半年以内で使用を始め、使用開始後は直射日光と高温になる場所を避けて保管(常温で保管できます:28度以下推奨)し、なるべく2ヶ月以内でご使用ください。品質が劣化する恐れがありますので使い終わるまでポンプを外さないでください。


ナチュミルク(旧)のご注文

1回のご注文で2本までとさせていただいています。